高血圧は血管壁の衰え・負担に要注意

高血圧は血管壁の衰え・負担に要注意

高血圧になると、血管に大きな負担が掛かりますが、特に血管壁にも変化が見受けられますので注意が必要です。高血圧になると血管が収縮して血液の流れが悪くなるのですが、血液中には様々なものが流れています。たとえば、これステロールやカルシウムによって血液の流れが妨げられると、特に負担が掛かるのです。

その上、カルシウムの場合は、血管壁にくっつくと血管が硬くなり、動脈硬化などの原因となるのです。動脈硬化は命にも関わる非常に危険な病気ですから、放置するのは良くありません。

また、年齢を重ねると、ただでさえ血管壁が衰え、もろい状態になるのです。そのような状態で負担が掛かり続けると、いつしか血管が破れてしまう可能性もあります。少しでも早く高血圧を改善するためにも、日頃から自分で血圧を測定したり、必要があれば医療機関で検査や治療を受けることが大切です。