高血圧は血管に負担を掛ける

高血圧は血管に負担を掛ける

高血圧になると、心臓には大きな負担が掛かることになります。心臓はポンプのような役割を果たしており、全身に血液を送り出しているのです。しかし、高血圧になることで血管が収縮すると血液の流れが悪くなるため、心臓に負担が掛かります。

そして、それと同時に血管にも負担が掛かるという特徴があります。血管の収縮によって血液の流れが悪くなると、血管の壁を傷付けてしまいます。通常なら掛からない負担が掛かることになりますし、血液は常に流れている状態ですから、それだけ血管に掛かる負担も大きくなるのです。

高血圧の自覚症状は少ないため、自分が高血圧であることに気付かない人も多いと言われています。しかし、高血圧の状態が長く続けば、それだけ血管にも負担が掛かり、気づいた時には合併症を引き起こしているということも考えられます。それを避けるためにも、高血圧であることに気付いた時点で早めに血圧を安定させる努力をしましょう。