高血圧は血管が傷つく原因に

高血圧は血管が傷つく原因に

高血圧の状態が続くと、血管が傷つく原因になります。血管は血液を全身に行き届けるという、重要な役割を果たしていますので、そんな血管にダメージを与えるのは危険です。

高血圧というのは、血管が収縮して血液の流れが悪くなったり、血液中にコレステロールや脂肪などが多く存在することで血液の流れが妨げられて血圧が上昇することによって起こります。いずれにしても血液の流れが悪くなることが原因でもありますが、そのような状態が続くと、血管の壁がどんどん傷ついてしまいます。

血管が収縮して血液の流れが悪くなると、血管に負担が掛かるんですね。そのような状態が続けば、血管が破れることも充分に考えられます。そこまでもろいものではありませんが、年齢を重ねるにつれて血管はもろくなってしまいますので、重大な合併症を引き起こすこともあるのです。

高血圧は血管を傷つけることからも、絶対に放置せずに、なるべく早く改善することが大切です。医療機関を受診したり、自分でも生活習慣を見直すなどして改善する方法は多々ありますので、実践してみて下さい。