高血圧による血管の変化について

高血圧による血管の変化について

高血圧の状態が長く続くことにより、血管の状態にも変化が見受けられます。高血圧の場合は、血液の圧力が強くなる状態ですから、血管に負担が掛かりやすいのです。そのような状態が長く続くと血管がもろくなってしまい、傷付きやすいという特徴があります。そのままの状態が続けば、血管が破れて心臓病、脳卒中などの重大な病を引き起こす危険性も考えられます。

また、高血圧の人は血管が収縮し、血液の流れが悪化しやすいという特徴もあります。血管の収縮によって血液の流れが悪くなると、血圧は更に上昇しますし、もちろん血管にも大きな負担が掛かります。

血管が詰まってしまうと、血液が流れにくくなる為、全身の血液が不足しがちになります。これが心筋梗塞や狭心症の原因なのですが、さらに圧迫される状態が続くと、ついには脳の血管が破れてしまうかもしれません。

このように、高血圧は血管に与える影響が大きいですから、そのまま放置するのは良くありません。もちろん、そう簡単に破れるものでは無いのですが、早めに改善しなければ、どんどん血管はもろくなってしまいます。