献血は服薬中で高血圧の場合は無理?

献血は服薬中で高血圧の場合は無理?

普段、服薬している人は多いと思います。献血を受ける時に、たまたま体調を崩して風邪薬を飲んでいる人もいるでしょうが、それだけでなく高血圧の治療をするために服薬している人もいるはずです。高血圧により、自分で改善が難しい場合は降圧剤が処方され、血圧の上昇を抑制することは多いのです。

では、高血圧の服薬中の場合に献血は受けられないのかというと、受けられない可能性は高いでしょう。実際には、服薬しているかどうかだけでなく、その時の体調や症状などによって最終的に判断しますので、一概には言えません。時には断られることもあるでしょうし、時には受けられることもあるはずです。高血圧の人で自覚症状がそこまで無ければ大丈夫だと思いがちですが、万が一のことを考えて控えた方が良いかもしれません。

血圧さえ安定すれば献血を受けることはできますので安心して下さい。それよりも、少しでも早く血圧を安定させて、合併症などを防ぐことも大切です。実際に献血が受けられるかどうかは検診医の判断となりますので、正直に話すようにしましょう。