献血ができる条件(高血圧の場合)

献血ができる条件(高血圧の場合)

全ての人が希望をすれば献血が受けられるわけではありません。献血をしたいという気持ちは非常に大切なのですが、条件によっては献血が受けられないこともあるのです。

その条件の1つが高血圧ですが、日本全国には高血圧患者が非常に多いと言われています。その人が全て無理というわけではありませんが、条件があります。高血圧であっても、ほとんど血圧が正常な状態に近い、若しくはコントロールされている状態ということです。薬を服用している人で血圧が安定していれば大丈夫だと判断される可能性もありますが、万が一のことを考えて断られる場合もあります。

それについては実際に献血を受けてみなければ分かりませんが、受けられない可能性があるということは把握しておいた方が良いでしょう。せっかく行っても無駄足だったということが無いように、事前に問い合わせてみるのも良いと思います。若しくは、高血圧の治療に専念して、血圧が安定してから献血を受けた方が安心です。