妊娠高血圧症侯群について

妊娠高血圧症侯群について

以前は妊娠中毒症といわれていたのが、妊娠高血圧症候群です。妊娠高血圧症侯群は、妊娠したことで尿タンパクや高血圧の症状が出ることをいいます。

一般的にも、妊娠すると血圧が普段よりも少し高くなります。ただ、上が140、下が90以上のどちらかに当てはまった場合には、高血圧といわれます。

妊婦の中の約1割が妊娠高血圧症侯群を発症するといわれています。発症する時期が妊娠32週未満なら早発型、32週以降なら遅発型といいます。多く発症するのは妊娠後期のようです。

普通の高血圧も症状が悪化すると体に悪影響を与えますが、妊娠高血圧症侯群も重症化すると、母子ともに危険を伴います。早産につながる可能性もあるので注意が必要です。また出産したあとにも高血圧が続いてしまうこともあるようです。

妊娠高血圧症侯群が起きる原因は、はっきりとは解明されていないようです。妊娠による体の変化に母体がついていけないことから発症するとも言われていますが、高齢出産、若年出産、多胎妊娠など、母体に負担がかかりやすい妊娠や出産の場合に発症しやすいといわれています。また、家族や自分自身が高血圧だったり腎臓病、糖尿病の場合などにも、発症しやすいようです。

妊娠高血圧症侯群になると、原則的に絶対安静です。そして、食事療法で治療を行います。妊娠中でも飲める薬を取り入れることもあるようです。