肺高血圧症とは?

肺高血圧症とは?

肺高血圧症は、あまり聞いた事がないかもしれませんが、子どもから30代くらいの若い人に発症しやすく、女性に多く発症するといわれています。肺高血圧というのは肺動脈の血圧が高くなっている状態のことです。何かの原因によって肺の中の血管が狭くなって、肺に送られる血液の循環が悪くなることで、
これが長く続くと心不全を起こすこともあります。肺への血液循環が悪くなっているのに心臓が肺に向かって血液をしっかりと送り出そうとするために、肺の血圧が上がってしまうのです。

肺高血圧は呼吸器に原因になる場合や心臓に原因がある場合、遺伝が原因となっているものがあります。海外で薬の副作用によって発症したという話もあるようです。

すべての原因がわかっているわけではなく、原因がわからないケースというのもあるようです。まだすべてが解明されている病気ではないのです。

一般的な高血圧と同じで、初期段階では自覚症状がありません。病気が進んでいくにしたがって、むくみや息切れ、疲労感、倦怠感、立ちくらみ、めまいなどがみられます。さらに進行すると、呼吸困難や胸痛、突然の失神などを引き起こしてしまう場合もあります。

治療は薬で行うものと一酸化窒素を吸入する方法などがあるようですが、症状が重い場合には肺移植を行うこともあるようです。