血圧を下げる食べ物~納豆~

血圧を下げる食べ物~納豆~

日本食の代表ともいえる納豆。発酵食品である納豆にはいろいろな健康効果が期待できますが、血圧を下げてくれる効果もあるようです。

納豆には「ナットウキナーゼ」という体にとてもよいといわれている酵素が含まれています。ナットウキナーゼは血栓をとかしてくれる効果があるので、血圧を下げてくれる効果が期待できるのです。

そのほかにも、大豆タンパク、リノール酸、カリウム、サポニン、レシチン、カルシウムなど、多くの栄養素を含んでいるので、健康にはとてもよい食べ物です。

納豆は好き嫌いがはっきりと別れる食べものですが、健康のためや血圧を下げるためには、毎日1パックの納豆を食べる習慣をつけるといいでしょう。

ただ、ナットウキナーゼなどの酵素は、熱に弱いので、熱々ご飯にかけるとナットウキナーゼの働きが悪くなってしまいます。酵素を取り入れたいのなら、熱々ご飯にかけずに、そのまま食べるのがオススメです。また、納豆とノンオイルドレッシングを混ぜ、サラダにかけるのもおいしいですよ。