血圧とは

血圧とは

高血圧を知るには、まずは血圧が何かを知る必要があります。

血圧は、血液が血管壁を押す力のことを言います。心臓はポンプのようになっていて、血液に圧力をかけることで血管へ送り出すのです。血液は動脈を通って、栄養や酸素を全身の細胞へ運びます。そして、老廃物などを回収しながら静脈を通りまた心臓へと戻っていきます。

このように血液が循環することによって人間は生きていくことができているのです。血液から送り出された血液の量を心拍出量といい、血管の硬さを血管抵抗といいます。心拍出量が大きくなると血圧が上がり、血管抵抗が小さくなることで血圧が下がるのです。

血圧には上としたの2つがあり、縮小期血圧、下は拡張期血圧といいます。心臓が収縮し血液が大動脈に送り出され、血管に高い圧力がかかることを収縮期血圧といい、肺などから血液を吸い込んで血液が最も低くなることを拡張期血圧といいます。血圧を測る場合には、この2つを測ることになります。