高血圧の薬を服用中に果物を食べても良い?

高血圧の薬を服用中に果物を食べても良い?

高血圧の人は、病院で処方された薬を服用していることもあるでしょう。高血圧を改善するには、ある程度長期的に薬を服用する必要がありますが、薬を服用しながら、高血圧を改善するための食生活を送る場合には注意が必要です。

食生活を見直す場合、カリウムが多く含まれた野菜や果物を摂取することは大切です。しかし、果物の中でもグレープフルーツは降圧剤との相性が悪く、血圧が下がり過ぎてしまってトラブルが生じる可能性も考えられるのです。全ての高血圧の薬と相性が悪いわけではありませんが、知らずに食べてしまうとトラブルが生じるかもしれませんので、あらかじめ把握しておくと安心です。

グレープフルーツと相性が悪いのは、カルシウム拮抗薬です。降圧剤にも色々な種類がありますので、処方される時にも医師からアドバイスされるでしょう。その場合はグレープフルーツを生の状態のまま食べるだけでなく、グレープフルーツのジュースやゼリーなども避ける必要があります。

しかし、それ以外のカリウムが含まれている果物であれば特に問題はありませんので、安心して下さい。