妊娠時の高血圧の禁忌

妊娠時の高血圧の禁忌

妊娠している時に高血圧になることもありますが、その場合の禁忌についても把握しておきましょう。

妊娠している時に高血圧になった場合、まずは降圧剤に注意する必要があります。降圧剤は血圧の上昇を抑制することができますが、それだけ効果が期待できる分、胎児や母体への影響も懸念されます。たとえ効果が多少低くなったとしても、母体などに影響が無いとされる降圧剤などを利用して高血圧の治療を行うことが大切です。

妊娠している時は、産婦人科に定期的に通うことになるとは思います。高血圧の治療は内科でも可能ですが、婦人科で高血圧の改善に必要な薬を処方してもらえる場合もありますので、まずは産婦人科に相談してみると良いでしょう。

また、妊娠してから高血圧になった場合は、妊娠中の食生活や生活習慣が原因で高血圧になる場合もあります。その時は、産婦人科で高血圧を改善するポイントをアドバイスしてもらえる可能性もあります。自己判断をするのではなく、トラブルを防ぐためにも、妊娠中の高血圧の治療には充分注意して下さい。不安なら、自己判断で降圧剤を服用するのではなく、医師に相談して納得してからにしましょう。