高血圧の妊婦にも禁忌はある?

高血圧の妊婦にも禁忌はある?

妊娠すると高血圧になることが多いと言われていますので注意が必要です。高血圧の妊婦の場合は、当然お腹の中に赤ちゃんがいますので、注意しなければならないことがあります。

高血圧の場合は一般的に降圧剤を服用して血圧の上昇を抑えることが多いですが、母体や胎児に影響を与えない薬を服用しなければなりません。降圧剤にも色々な種類がありますので、妊婦だからと言って高血圧の治療が受けられないわけではありませんので安心して下さい。

ただし、妊娠していることをあらかじめ医師に伝えなければ、誤って胎児などにも影響を及ぼす可能性がある薬を処方される場合もありますので注意が必要です。妊娠している場合は、最初に伝えておきましょう。

もし、妊娠する前は血圧が正常だったにも関わらず、妊娠したことによって高血圧になった場合、婦人科で薬を処方してもらえる場合もあります。たとえば、血圧の上昇を抑える作用のある漢方薬もあるのです。漢方薬であれば比較的体にも優しく、胎児などにも影響を与えないものはありますので安心して下さい。

妊婦の場合は通常よりも慎重に高血圧の治療を行うはずですが、もし不明点などがあれば、きちんと確認しておきましょう。