高血圧の禁忌であるアロマテラピー

高血圧の禁忌であるアロマテラピー

高血圧の人は注意しなければならないことがいくつかありますが、たとえばアロマテラピーも注意が必要です。アロマテラピーを楽しむ時には精油を使用しますが、精油の禁忌があるのです。

アロマテラピーと言っても、全ての精油に注意が必要なわけではありません。精油によって作用が異なりますが、高血圧の人が使用することによってトラブルの原因となる可能性がある種類があるというだけです。

高血圧の人が気を付けなければならないのが、セージ・ローズマリー・ヒソップ・タイム・ユーカリプタスです。これらは高血圧の人が使用することによって血圧に悪影響を及ぼすことがありますので、絶対に使用しないで下さい。

しかし、その他の精油であれば、リラックス効果が得られるものもありますので、そのようなものであれば高血圧の人でも利用して構いません。ストレスも高血圧の原因となるため、ストレスを緩和する目的で、高血圧の人が使用しても安心な精油を選んでみましょう。