高血圧予防のレシピ2

高血圧予防のレシピ2

肉やバターなどの動物性脂肪には、動脈硬化の原因となる飽和脂肪酸が多く含まれています。しかし、魚などの不飽和脂肪酸には、血圧が上昇するのを抑えてくれる働きがあるので、高血圧予防の食事にはおすすめの材料です。

煮魚となると塩分も気になってくるので、レモンなどで塩分を控えながらおいしく食べられる、低カロリーの白身魚レシピを紹介します。

白身魚のワイン蒸しです。

白身魚はヒラメやカレイ、タイなどなんでもOkです。白身魚には塩コショウを軽く振っておきます。たまねぎ、セロリー、ピーマンは細切りにし、トマトをざく切りにします。鍋に切ったたまねぎ、セロリー、ピーマンをひきつめ、スープのもとを散らします。軽く塩コショウをして、トマトも散らしましょう。その上に白身魚をおき、白ワインを加えて蓋をして蒸していきます。煮立ってから7分ほど蒸したら火を止めてレモンをふり、出来上がりです。

下味の塩コショウは控えめにしても、レモンで酸味がつくのでおいしく食べられます。白ワインの風味でもうまみが引き立ちますよ。お皿に彩りよく盛り付けて、おいしく食べながら高血圧を予防しましょう。