高血圧・糖尿病・狭心症の関係について

高血圧・糖尿病・狭心症の関係について

高血圧の合併症として有名なのが、糖尿病や狭心症でしょう。血圧は、血管が収縮することによって血液の流れが悪くなると起こるのですが、血液の流れが悪くなることで、狭心症を引き起こす恐れがあります。

また、肥満の人は高血圧や糖尿病になりやすいと言われています。肥満の人は、食生活が乱れていることも多いのですが、食生活が原因で高血圧や糖尿病を引き起こすことは非常に多いのです。ですから、高血圧や糖尿病を治療する時には、食生活の改善を指示されることが多いという特徴があります。

いずれにしても、高血圧を放置すると、全身に必要な血液が行き届きづらくなり、色々なトラブルを引き起こす可能性があります。糖尿病や狭心症などを防ぐためにも、早い段階で高血圧の治療を開始することが大切です。