高血圧と狭心症の関係について

高血圧と狭心症の関係について

狭心症を恐れている人も多いでしょうが、身近な病気と言われる高血圧と狭心症には深い関係があるのです。

高血圧になると、全身の血液の流れが悪くなってしまいますので、そのうち心臓に負担をかけて、動脈硬化を引き起こす恐れがあります。心臓の血液の流れが悪化することにより、心臓に必要な栄養素、酸素なども行き届きにくくなると、狭心症を引き起こす可能性は充分に考えられます。

高血圧の状態を放置すると、狭心症という合併症を引き起こす可能性はますます高まりますので、早めに対処することが大切です。

たとえば、狭心症になると、激しい胸の痛みや圧迫感などを感じるようになります。このような発作が頻繁に起こるようであれば、狭心症かもしれません。もちろん、命に関わる病気ですから、そのような症状が現れた時点で病院を受診しましょう。

高血圧が原因で狭心症が起こっている場合は、高血圧の治療を行う必要があります。血圧が高くなればなるほど、狭心症を引き起こすリスクは高まりますので、たかが高血圧だと思わずに、早めに治療を開始しましょう。