高血圧によって現れる危険な症状とは

高血圧によって現れる危険な症状とは

高血圧は自覚症状が少ないため気づきにくいと言われていますので、不安に思う人もいるでしょう。確かに自覚症状は少ないのですが、放置することによって血圧が上昇しやすくなり、高血圧による自覚症状も生じやすくなるのです。

高血圧が原因で現れる症状の中でも特に注意が必要なものはいくつか挙げられますが、めまいには注意しましょう。めまいが生じるということは、それだけ脳内の血液が不足している可能性があります。また、脳卒中や脳出血からめまいが生じることもありますので、早めに気づく必要があるのです。そのまま放置すれば、体が麻痺することもありますし、最悪の場合は命に関わる危険性もあります。あまりにもめまい、ふらつきといった症状が現れるようであれば、注意しましょう。

その他には、嘔吐、激しい頭痛といった症状も危険です。これらも動脈硬化から起こっていることがありますが、それだけ心臓にも負担が掛かっていると言えますので、そのまま放置することで心不全などを引き起こす危険性もあります。

1度や2度ある程度では問題が無いかもしれませんが、何度も起こるようであれば、念のため検査を受けた方が安心です。