高血圧と低血圧の危険性を知る

高血圧と低血圧の危険性を知る

現代では、高血圧患者が増えており、その危険性が様々な場面で注目されています。しかし、高血圧だけでなく、低血圧という可能性もありますので、両方の危険性を把握することが大切です。どちらも放置すれば様々な症状で悩まされることになりますし、体調を崩したり、合併症を引き起こす場合もあります。やはり、自分の血圧の数値を知り、血圧を安定させることを意識することが大切です。

低血圧の人は、朝起きる時に辛いと感じることも多いでしょうが、冷え性や肩こりで悩まされることも多いのです。特に冬場は血圧の変動が大きい時期ですが、高血圧の人は冬場に脳卒中などの合併症を起こすことも多いと言われていますので、注意が必要です。

どちらの場合も食生活を見直したり、生活習慣を整えることが大切です。ただし、低血圧の場合は塩分を多めに摂取した方が良いのに対し、高血圧の場合は塩分を控えた方が良いですから、生活習慣の見直し方にも気を付けましょう。