健康診断で高血圧だと診断された場合は緊張が原因?

健康診断で高血圧だと診断された場合は緊張が原因?

健康診断を受けた時に高血圧だと診断される人もいるでしょう。普段、毎日のように自宅で血圧を測定する人はそう多くはないかもしれませんが、健康診断は定期的に受けるでしょうから、その時に高血圧だと診断されて、驚くこともあるはずです。

しかし、健康診断の時にはドキドキして緊張してしまう人もいるのではないでしょうか。緊張した場合は血圧が上昇しますので、それが原因で高血圧だと診断される可能性もあります。高血圧だと診断された場合は、それが緊張によるものなのか、実際に高血圧なのか判断が難しいかもしれませんが、その場合は改めて自宅で血圧を測定してみましょう。

自宅で血圧を計測する場合が最も緊張しないはずですから、正しい血圧が分かるはずです。血圧計が無い場合は、念のため一度買っておくと安心です。もし高血圧だった場合は、毎日血圧を測定して変動をチェックすることが大切です。

健康診断で高血圧だと診断されても、それが緊張によるものだと決めつけないようにしましょう。再検査が必要な場合は、医療機関に足を運んで再び血圧を測ってもらっても良いと思います。