糖尿病網膜症と高血圧の危険因子

糖尿病網膜症と高血圧の危険因子

糖尿病網膜症と高血圧には関係性があり、危険因子が似ているとも言われています。そもそも糖尿病網膜症は何かというと、現代人はこの病気に罹る人が増えており、失明する可能性があるのです。糖尿病だと診断された場合は、糖尿病網膜症である可能性も充分に考えられるのですが、自覚症状が少ないため、症状が進行してから気づく人が多いという特徴があります。発見が遅れれば当然失明する可能性も高まりますので、注意が必要な病気です。

これは糖尿病から起こる病気ですが、糖尿病は高血圧の合併症の1つです。糖尿病の原因は糖分の過剰摂取、つまり食生活の乱れが大きな原因ですが、高血圧の場合も食生活の乱れによって起こることも少なくありません。高血圧の場合は糖尿病以外の合併症を引き起こすことがありますので、予防・改善に努めることが大切です。

肥満を指摘された場合は糖尿病に罹る恐れもあります。もちろん、そこから糖尿病網膜症に罹る可能性もありますので、気を付けましょう。どちらも危険因子は食生活と言えますので、食生活を見直すことは重要です。