喫煙が高血圧を引き起こす機序について

喫煙が高血圧を引き起こす機序について

喫煙が高血圧を引き起こす機序について見ていきましょう。まず、タバコに含まれているニコチンやタールが原因で、血圧の上昇を引き起こします。その上、多少の血圧の上昇では無く、大幅に血圧が上昇することも少なくありません。1本吸うだけでも20mmHgほど上昇することもあるため、非常に危険性が高いのです。

また、そのまま喫煙を続けると動脈硬化を引き起こす可能性もあります。喫煙をすることによって血管にも負担が掛かり、動脈硬化を引き起こしやすいですから、少しでも早く喫煙を止めることが大切です。その上、健康を害する活性酸素も生成されやすくなりますので、その他の病気を引き起こすかもしれません。

飲酒と喫煙は同じように高血圧にとって悪いものだというイメージもあるかもしれませんが、それは間違いです。飲酒の場合は適量であれば健康に効果的なのですが、喫煙の場合はたとえ1本でも悪影響を及ぼします。その点を理解して、もし血圧が下がらないという悩みを抱えているのであれば、タバコの本数を減らしてみましょう。