喫煙が高血圧を引き起こすメカニズム

喫煙が高血圧を引き起こすメカニズム

喫煙は高血圧を引き起こすと言われていますが、そのメカニズムが気になる人は多いようですね。喫煙をする人はご存知かもしれませんが、タバコにはニコチンやタールといった物質が含まれているのです。このような物質は体に悪影響を及ぼす危険性があると言われていますが、体内に摂取することで副腎を刺激するという作用があります。副腎が刺激されると、血圧の上昇に影響するアドレナリンやノンアドレナリンなどのホルモンが分泌されますので、高血圧に繋がりやすいのです。

それから、交感神経を興奮させる働きもあります。交感神経が興奮することによって血管が収縮するという特徴もあります。血管が収縮することによって血圧は上昇しますし、血管自体にも負担が掛かりますので、決して良いことではありません。

さらに、タバコには一酸化炭素が含まれているため、酸欠を引き起こしやすくなります。体はそれを予防するために、心臓から全身に血液を送り出すようになるのです。そうすると血圧が上昇するという作用もあります。

このようなメカニズムによって喫煙が原因で高血圧が起こりますので、避けるのは難しいのです。高血圧を治療したいのであれば、禁煙するのが1番です。