喫煙は高血圧や動脈硬化を引き起こす可能性も!

喫煙は高血圧や動脈硬化を引き起こす可能性も!

男性の場合は特に、喫煙している人も多いでしょう。いわゆるヘビースモーカーと呼ばれる人たちもいますが、タバコが体に良くないことは分かっているはずです。それでも、タバコを吸う事が習慣になっていて、なかなか止められないかもしれません。

しかし、そのまま喫煙を続けることによって高血圧になったり、その合併症である動脈硬化を引き起こす可能性があります。高血圧は喫煙以外の理由から起こることもありますが、喫煙は大きく影響しているのです。タバコに含まれているニコチンは血圧を上昇させる働きがありますので、タバコを吸えば吸うほど、そのリスクは高まります。

また、動脈硬化は高血圧の合併症としても有名ですが、高血圧の状態が長く続けば、動脈硬化を引き起こす場合もあります。動脈硬化は死に至る可能性もありますので、それだけリスクが高いものなのです。現代は高血圧患者が多いと言われていますから、高血圧ぐらいなら大丈夫だと思うかもしれません。しかし、それが命取りになる場合もありますので、喫煙をしている人はなるべく早く禁煙を心がけてみて下さい。