高血圧の原因が喫煙なのは本当か?

高血圧の原因が喫煙なのは本当か?

高血圧の原因が喫煙の可能性があるのは本当の話です。タバコに含まれているニコチンを摂取することにより、一時的に血圧が上昇すると言われています。1本吸うだけでも15分間以上もの間血圧が上昇しますから、吸う本数が多ければ多いほど、血圧が高い状態が続くというわけです。1本だけ吸う程度であれば、時間が経てば血圧の上昇も治まるでしょう。しかし、1日に何度も喫煙をすると、ずっと血圧が高い状態が続くことも珍しくありませんので注意が必要です。血圧が下がらなくなってしまうかもしれません。

高血圧を放置すると動脈硬化を引き起こすとも言われていますが、喫煙をすることで動脈硬化が起こる可能性は高まります。喫煙する人は脳卒中になる確率も高くなると言われていますが、脳卒中も高血圧の合併症なのです。高血圧だけでなく、命に関わるような病気に罹る可能性が高まることからも、喫煙を控えるのがベストだと言えます。今現在高血圧ではない人でも、喫煙をすることで高血圧になる可能性は充分に考えられますので、今のうちからタバコを吸う本数を控えることが大切です。