高血圧と喫煙・飲酒の関係を知ろう

高血圧と喫煙・飲酒の関係を知ろう

高血圧の原因として喫煙や飲酒も挙げられます。これは本当の話であり、喫煙をすることによって、タバコに含まれているニコチンが血圧の上昇を促してしまうのです。タバコを吸う本数が多ければ多いほど、高血圧になる可能性は高まります。

一方、飲酒の場合は必ずしも高血圧に悪影響を与えるわけではありません。適度な飲酒は血行を促進して、血圧の上昇を抑制することができます。血管が収縮することによって血圧が上昇しますので、それを抑制するために適度に飲酒することも大切だと言われているのです。

しかし、毎日のように、あまりにも大量に飲酒を続けると高血圧の原因となることもあります。飲酒をすることによって血圧の上昇に繋がるホルモンが分泌されるという特徴があるのです。大量に飲まなければ問題は無いのですが、男性の場合は特に、毎日のように飲酒をする人もいるでしょうから、高血圧が気になっているのであれば控えた方が良いでしょう。