高血圧と喫煙の関係について

高血圧と喫煙の関係について

高血圧と喫煙には関係があります。喫煙が原因で高血圧になることもありますので、普段タバコを吸う人は人一倍気を付けた方が良いでしょう。では、一体なぜ喫煙が原因で高血圧になるのでしょうか?

タバコにはニコチンが含まれていますが、ニコチンは体に害を及ぼすと言われています。副腎髄質を刺激し、ホルモンを分泌する作用があるのです。アドレナリンが分泌されると興奮すると言われていますが、神経を刺激する作用があるのです。心拍数が増えてしまうため、血圧が上昇するという特徴があります。

また、ニコチンはノンアドレナリンを分泌するという働きもあります。ノンアドレナリンは交感神経を刺激して血圧を上昇させるという特徴があります。ニコチンはこのようなことから、高血圧の原因となりますので、できれば喫煙をしないようにしましょう。

最初から禁煙をするのはなかなか難しいかもしれませんが、少しずつタバコの量を減らすことから始めてみてはいかがでしょうか?ニコチンの摂取量が少なくなれば、血圧の上昇も緩やかになるでしょう。今では様々な禁煙グッズもありますので、そのようなものを利用するという方法もあります。