高血圧の基準は昔どうだったのか?

高血圧の基準は昔どうだったのか?

高血圧の基準は、今と昔では異なります。昔よりも今の方が高血圧患者は増えていますので、より適切な治療が受けられるように、基準も厳しくなっているのです。

高血圧の基準値は昔に比べると下げられていますので、それだけ高血圧だと診断される人が増えたということです。やはり、自分自身の血圧の変化に気付くことが大切です。特に、60歳以上の半数は高血圧とも言われていますので、高齢になった時には特に注意が必要です。

高血圧だと診断された場合は不安に思うかもしれませんが、今は昔に比べて降圧剤の種類も増えていますし、高血圧の治療方法の選択肢も様々です。高血圧は自分で出来る予防法もありますので、そこまで気にする必要はありません。症状が進行してからでは遅いこともありますので、今現在の高血圧の基準をきちんと把握しておくと安心です。