高血圧の基準の変遷を把握しよう

高血圧の基準の変遷を把握しよう

高血圧の基準については、1993年以降、何度か改訂されています。変遷についてはインターネットで検索をすると手軽に知ることができますが、今の基準だけでなく、変遷を知ることも大切です。どのようなことが変化しているのか、今現在はどのようなことが重視されているのかなど、より詳しい情報を得ることによって、高血圧も改善されやすくなるでしょう。

今まで、高血圧に関する研究や試験などが繰り返されており、それによって基準は変化しています。元々は拡張期血圧のみが血圧管理の基準として用いられていましたが、今では拡張期血圧と収縮期血圧が採用されています。拡張期血圧だけでなく、収縮期血圧が上昇することも危険だと判断されるようになってきたのです。

血圧というと、拡張期血圧の方だけを意識する人も多いでしょうが、収縮期血圧についても目を向けてみて下さい。そして、もし血圧が高いようであれば、下げる努力をすることも大切です。まずは、今設けられている高血圧の基準を参考にしてみてはいかがでしょうか。