肺高血圧の看護について

肺高血圧の看護について

肺高血圧は、肺動脈の血圧が高くなる状態を指します。現代は高血圧患者が増えていますが、肺高血圧の人も増えていますので注意が必要です。その上、肺高血圧の場合は、肺動脈を傷付けてしまう可能性がありますので、放置するのは危険なのです。そのため、肺高血圧の看護をする際には注意しなければなりません。

肺高血圧になった場合は、肺疾患の治療を行う必要があるでしょう。薬を利用することも多いのですが、薬は何種類も服用する場合がありますので、その点もきちんと把握して、トラブルが起きないように気を付けましょう。

肺高血圧になった場合は、まず息切れという症状が起こることが多いです。症状が進行すると、激しい運動をした時に胸が痛んだり、脱力感、喘息などの症状が起こることもあります。症状の進行を抑えるためにも、激しい運動を行うのは避けることが大切ですし、症状が現れた時には安静に過ごすことも重要です。どのようなトラブルが起こる可能性があるのか、病気の危険性を把握した上で看護を行うことが大切です。