血圧が高くならない対処法は?

血圧が高くならない対処法は?

人間の血圧は1日で10万回も変化するといわれています。活動量でも血圧は変化しますが、朝は低くて昼間は高いといくのが一般的ですが、血圧が高い人は、活動量が少ない朝も夜も、昼間のように血圧が高くなっています。

高血圧の人は普段から血圧が高めですが、それでも急に高くなってしまうことも考えられます。血圧が高くなる原因は、食事や運動、排便などをしたときや、興奮したときイライラしたとき、緊張したとき、急に寒いところにいったときなどですが、このような状況のときに気をつけるだけでも、血圧の上昇を抑えることができます。喫煙や飲酒も血圧を高めてしまうので、絶対に避けたほうがいいようです。

血圧が上がったことをかんじられる場合もありますが、知らずにあがっている場合も多くあります。特に高血圧の場合には、自分の血圧のパターンを知っておくといいでしょう。決まった時間に何日か血圧を測定し続けることで、自分の血圧の変化を知ることができます。