早朝高血圧の予防法

早朝高血圧の予防法

昼間はそうではなくても、朝起きたら血圧が高いという人を、早朝高血圧といいます。
高血圧と診断されたら、毎日決まった時間に血圧を測り、パターンを知っておきましょう。

昼間に高血圧ではない場合、自分は高血圧ではないと思ってしまいますが、朝の血圧が特に高いという場合には、高血圧ということになります。

早朝高血圧の原因となるのは、寝ている間の発汗です。寝ている間に汗をかき、体が水分を失っているので、おきたらすぐ水を飲むように習慣付けるといいようです。枕元に水を用意しておくと便利ですね。もし夜中に目が覚める場合には、そのときに飲むというのもおすすめです。

また、目が覚めたらすぐおきるのではなく、布団の中でゆっくりと体を動かしたり、深呼吸などをして見ましょう。それだけでも血圧が変わってくるので、少し時間に余裕を持って起きてみるのもいいでしょう。前の日にお酒を飲みすぎないということも大切です。

血流が良くなることでとても体が楽になります。おきた時に血流がスムーズになるように工夫をすることで、早朝高血圧を予防しましょう。