妊娠高血圧症侯群を予防する

妊娠高血圧症侯群を予防する

妊娠高血圧症侯群といわれるとあまり聞いた事がないという人もいるかもしれませんが、妊娠中毒症というと、聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。

妊娠高血圧症侯群は、妊娠中に高血圧や尿タンパクなどの症状が見られる人のことをいいます。原因についてははっきりとわかっていませんが、妊娠8ヶ月以降に症状が出やすく、約1割の妊婦さんが発症するといわれています。妊娠中期などに発症すると重症化することもあり、母子ともに危険な状態となってしまう場合もあるようです。

もともと、妊娠前から高血圧や糖尿病等の病気を持っている人がなりやすいともいわれていますが、そのほかにも、ストレスが多い人や睡眠不足、高年齢初産などの場合になりやすいようです。妊娠高血圧症侯群になってしまうと、産後も高血圧が続いてしまうことなどもあるので、ならないように予防したいものです。

予防法には食事や生活習慣を見直す方法があります。生活習慣でいうと、睡眠と休養をしっかりととること。兄弟がいる場合には子どものお世話で自分のことが後回しになりがちですが、頼れる人に子どもの面倒を見てもらうなどして、休めるときにはしっかり休むようにしましょう。また、ストレスもためないようにしましょう。

食事面では、塩分を控えた栄養バランスのよい食事を心がけましょう。1日3食、しっかり食べることも大切です。食物繊維を多くとるようにし、便秘を予防したり、お菓子もほどほどにしましょう。コンビニ弁当やファストフードはカロリーも高いので、あまりおすすめはできません。

以前は妊娠中は2人分食べるなんていっていましたが、最近はそんなことはなく、食べるのはこれまでと同じでいいようです。そして、妊娠中でもウォーキングなど、無理のない運動を取り入れるようにしましょう。適度な運動にはリラックス効果もありますよ。