高血圧と脳梗塞の危険性

高血圧と脳梗塞の危険性

高血圧になると、高血圧だけではなく、色々な病気につながってしまうことがあります。その中のひとつに、脳梗塞があります。脳梗塞は脳の血管に血液がいかずに、脳細胞が壊死してしまうことです。脳の血管が詰まったことにより、全身の色々な部分に麻痺がでたり、言語障害が出る場合もあります。脳細胞が壊死してしまうと、元に戻ることはないので、回復することはないようです。

高血圧となると、血管の内側に酸化した悪玉コレステロールがたまってしまい、
血液の流れを止めてしまうためにおこります。また、脳以外でできてしまった血液の固まりが脳まで運ばれ、脳で詰まってしまうことも多いようです。高血圧ということは、脳梗塞のリスクが高いといわれています。

加齢や生活習慣によって、リスクは高まっていくものなので、健康診断などで医師から改善するように言われたときには、生活習慣を改善するようにしましょう。高血圧だけでは、命に関わるような症状はありませんが、他の病気のリスクを高めてしまうことになってしまうので、気をつけましょう。