動悸と高血圧

動悸と高血圧

高血圧で動悸があるという人は、もしかしたら他の病気の引き金になっていることがあるので、注意したほうがいいようです。

動悸というのは、心臓の乱れのことで、どきどきするのを自分で感じられます。走ったり緊張したりするなど、生活の中で動悸を感じているでしょう。しかし、走ったり緊張したりしているわけでもないのに、急に心臓が早くなり動悸を感じるという場合、身体に何らかの異常がある場合が考えられます。

そのひとつに高血圧があります。高血圧の人が急激に血圧が上がることで心臓に負担がかかっているのです。何もしていないのに、動悸を感じるという人は、血圧を下げることを考えたほうがいいようです。

心臓に負担をかけないように、塩分を控えて、カリウムを多く取るような食生活を心がけたり、ストレスを溜め込まない、温度差が急な場所には行かないなど、普段の生活からいろいろと気をつけましょう。このようなことに気をつけることで、動悸も少なくなるといわれています。

急激に心臓に負担がかかってしまうと、他の病気の引き金となってしまうことも考えられます。高血圧の人は特に、毎日の生活に気をつけたほうがよさそうです。