高血圧の基準(2011年の場合)

高血圧の基準(2011年の場合)

高血圧のガイドラインは定期的に改訂されています。やはり、身近な病気だからこそ、常に最新の情報を知りたいと思う人は多いでしょう。

高血圧の基準で2011年の情報を知りたい人もいるようですが、最後に改訂されたのは2009年ですから、それが最も新しいガイドラインとなります。そこには高血圧の分類や基準についても記載されていますので、その情報を参考にしてみて下さい。ガイドラインの情報については、インターネットサイトからも見ることができます。

2009年にはどこが変更されたのかというと、血圧の分類が変更されました。以前は軽度・中等度・重症の3段階に分けられていたのですが、今回はⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度という形になっています。それに加えて、正常高地血圧という分類もありますので、高血圧は全部で4つの段階になりました。それだけ細かく分けることによって、自分でも判断しやすくなりましたし、分類によって血圧の治療方法についても変わってきますので、医師としても判断しやすくなったと言えるのではないでしょうか。