高血圧の看護の観察について

高血圧の看護の観察について

身近な人が高血圧になった時、看護が必要なこともあるでしょう。看護をするにあたり、どのように観察をすれば良いのか悩む人もいると思います。

まずは、毎日血圧を測定することが大切ですから、正しい血圧の測定方法を把握することが大切です。その上で、毎朝忘れずに血圧を測定し、どのように血圧が変化しているのか確認しましょう。

また、観察する際のポイントとしては、高血圧が原因でどのような症状が生じているのかを確認することが大切です。たとえば、頭痛、めまいなどが挙げられます。

高血圧の場合は生活習慣を見直す必要がありますので、どのような点を見直せば良いのか考えてみましょう。たとえば、食生活、運動、睡眠、飲酒、タバコなどが挙げられます。タバコや飲酒はできるだけ控えた方が良いですし、栄養バランスのとれた食生活を送ることも大切です。そして、適度に運動をするように心がけましょう。なかなか一人では改善することが難しいこともありますので、上手くサポートしてあげて下さい。たとえば、一緒に運動をしてみても良いと思います。

このように、無理のないようにサポートすることが大切です。高血圧は自宅でも改善することができますので、きちんと看護をしてあげましょう。