高血圧と心臓に関する合併症

高血圧と心臓に関する合併症

高血圧をほおっておくことで、動脈硬化が進んでしまい、心臓に関する合併症を引き起こしてしまうこともあります。

まず、狭心症です。狭心症は、動脈硬化で心臓の冠動脈が狭くなってしまい、血液の流れが低下してしまうことで起こります。狭心症の発作が起こると、胸が締め付けられるように痛くなったり、圧迫感を感じます。一般的には、安静にしていると、何分かでおさまるでしょう。

冠動脈に血栓ができ、完全に詰まってしまい、血液が流れないことでその部分が壊死してしまうのが、心筋梗塞です。心筋梗塞は高血圧の合併症で一番おそろしいといわれていて、1度目の発作で3割が亡くなるといわれています。また、なくなる半分以上の方は1時間以内で亡くなるようです。発作は胸の部分の強烈な痛みがあるようです。

心筋が厚くなる、心肥大も高血圧の合併症のひとつといわれています。高血圧になると、心臓が血液を強力な力で送り出していて、そのせいで心臓の壁が厚くなってしまっているのです。心肥大が続くと心臓が固くなってしまい、心不全を起こしやすくなります。動悸や息切れ、呼吸困難などを起こすこともあり、命の危険も伴います。