高血圧と脳に関する合併症

高血圧と脳に関する合併症

サイレンとキラーといわれる高血圧。ほおっておくことで動脈硬化が進み、脳梗塞や脳出血など、脳に関する合併症を引き起こしてしまう場合があります。

日本人の死亡原因は、脳血管疾患が3位となっていますが、その脳血管疾患の中でも脳梗塞が一番多いようです。

脳梗塞は、脳の血管が動脈硬化を引き起こしているところに血栓がつまってしまい、
血流が止まることで発症します。脳梗塞も下人で3つに分けることができ、頭蓋内の動脈でおこったアテローム効果が原因の場合には、「アテローム血栓性脳梗塞」といい、心臓部分などでできた血栓が脳の部分で詰まることを「脳塞栓」。そして、脳の最小動脈の血栓が原因となっているものを「ラクナ梗塞」といいます。詰まることで血流がとまり、酸素や栄養が運ばれないので、脳細胞が死んでしまうのです。

症状はいろいろですが、重い場合は意識障害、言語障害、体の片側が麻痺することもあるようです。

また、脳血管疾患である脳出血やくも膜下出血も、よく知られています。脳の血管が高血圧で動脈硬化を引き起こし、破裂するのが脳出血です。脳出血はほとんどの場合前兆がなく突然起こります。言語障害や、片側のマヒを引き起こすことも多く、重篤な場合、死に至ります。

また、くも膜下出血は、脳の血管に静脈瘤ができ、それが破裂して起こります。くも膜下出血は死亡率が高いといわれています。

どれも、高血圧が原因のひとつとされているます。高血圧と診断された場合には、生活習慣を改善したり薬物治療などを行い、合併症を予防しましょう。