高血圧と合併症の危険性

高血圧と合併症の危険性

現在、40歳以上の2人に1人が高血圧といわれ、いまや、患者数が最も追い病気です。高血圧は国民病となっているようです。

高血圧になると、怖いのが合併症です。自覚症状が出たときには、もう命に関わる病になっていることが多いのが高血圧の怖いところなのです。

日本人の死亡原因の第1位はガンです。しかし、2位は心臓病、3位は脳卒中と、どちらも血管の障害による病気で、高血圧と大きくい関係しているのです。心臓病や脳卒中のすべてが高血圧が原因とはいえませんが、とても関係性が高いのです。

高血圧はサイレンとキラーとも言われています。静かに、合併症を発症させてしまうのです。

健康診断などで、高血圧と診断されたら、再検査や血圧管理など、指示通りにすることが大切です。また、特に自覚症状がない場合でも、血圧が高いといわれたら、病院を受診することがおすすめです。血圧チェックも大切なので、定期的に血圧を測るようにするといいですね。