高血圧に効果的なカリウムの摂取量の目安

高血圧に効果的なカリウムの摂取量の目安

カリウムは高血圧の改善に役立ちますので、積極的に摂取したい人は多いはずです。でも、いざ摂取しようと思っても、どのくらいの量を摂取すれば充分なのか分からないでしょう。

カリウムの摂取量の目安は、成人男性の場合の目安量は2,000mgになります。しかし、高血圧の予防を目的とするのであれば、2,900mg摂取した方が良いと言われています。

また、成人女性の目安は1,600mgです。高血圧の予防を目的とする場合は2,800mg摂取しましょう。

その数値だけ見ると、それがどのくらいの量なのか想像がつかないかもしれません。この量を毎日摂取するのは難しいと思うかもしれませんが、たとえばパセリの場合は100gにつき、カリウムは1,000mgも含まれているのです。確かに、パセリを100g摂取するのは難しいかもしれませんが、適度に摂取するだけでも、結構な量が補えるでしょう。

また、摂取しやすいアボカドの場合は、100gあたり720mgも含まれています。最近はアボカドの人気が高まっており、様々な料理に利用することができますので、これなら摂取しやすいのではないでしょうか?ほうれん草の場合は、生の状態だと100gあたり690mg含まれています。

このように、野菜や果物、豆類に多く含まれていますので、工夫しながら毎日の食生活に活かしてみて下さい。それでも難しいようであれば、カリウムが含まれているサプリメントで補うと良いと思います。