家庭用血圧計を選ぶときには

家庭用血圧計を選ぶときには

家庭用血圧計といっても、さまざまな種類があります。価格もさまざまですが、注目したいのは測る部位です。

指や手首で測るもの、上腕で測るものなどがありますが、オススメなのは上腕で測るものです。

血圧を測るときには、上腕で測るのが一般的です。医療機関で測る場合にも、上腕で測りますよね。そう考えると、やはり家庭用でも上腕部で測るもののほうがいいということになりますよね?

医療機関で行っているのは、コロトコフ法と呼ばれていて、カフを腕に巻き、一度血流をとめます。カフを緩めて血液が流れ出したときに、血管が血液にぶつかる音を聞き測定しています。もうひとつ、オシロメトリック法という測定法がありますが、とめていた血流が流れ始めるときに起こる動脈壁の振動を測定する方法です。オシロメトリック法は、家庭用血圧計に多いのですが、どちらの方法でも、正確に測定するには、上腕部で測定するといいようです。

指先や手首などは手軽に測定できますが、正確な測定値が出ない場合もあるので、
これから血圧計を購入する場合には、上腕部で測るものを購入するといいでしょう。