高血圧の人はお風呂の入り方に注意

高血圧の人はお風呂の入り方に注意

お風呂に入ると血圧が上昇しますので、高血圧の人は特に注意する必要があります。間違った入り方をしてしまうと、更に血圧が上昇して、動脈硬化などを引き起こす危険性もあります。

まず、冬場は脱衣所で服を脱ぐと非常に寒いでしょう。急激な温度変化は血圧にも大きく影響しますので、あらかじめ脱衣所を温めておきましょう。脱いだ時に寒いと感じない程度に温めておくと理想的です。そして、浴室もシャワーを出すなどして、温めておきましょう。最初から寒い浴室に入って、熱いお風呂に入るのは危険です。

そして、急に湯船に浸かると血圧が上昇しますので、最初はお湯を体に掛けたり、シャワーを浴びたりしてから湯船に浸かりましょう。湯温が高いと血圧も高くなりがちですから、出来ればぬるめに設定しておくと安心です。あまり長時間浸からずに、短時間だけ入ることをおすすめします。

このような入り方をきちんと把握して、毎日湯船に浸かるようにしましょう。高血圧の人にとってお風呂は危険な場所だとも言われていますので、特に注意が必要です。