高血圧とたばこの関係

高血圧とたばこの関係

たばこは、百害あって一理なしといわれていますが、高血圧にも悪影響を及ぼすものです。

たばこに含まれている二酸化炭素やニコチンは血管を収縮し、タールには発がん物質といわれています。たばこには有害物質が多く含まれているのです。

血管が収縮すると、血圧の上昇につながり、高血圧を引き起こしたり、高血圧を悪化させてしまうことにつながるのです。

たばこはそのほかにも肺がんや食道がんなどと強い因果関係があるといわれていますし、それらの病気は死亡率が高いものが多いのです。健康な人でもたばこを吸うことで、健康を損ねてしまうのです。ですから、健康の面でもたばこを吸うのはやめたほうがいいでしょう。

特に、高血圧が原因で冠状動脈が硬化する症状が現れている人でたばこをすっている人は、すぐにやめましょう。

たばこは中毒性があるので、一度すいはじめるとやめるのが大変とも言われます。たばこを吸っていない人は、高血圧ではなくても、すわないことが一番でしょう。