高血圧で嘔吐とめまいが生じる場合は危険です

高血圧で嘔吐とめまいが生じる場合は危険です

高血圧が原因で嘔吐やめまいが生じることもあります。しかし、めまいが生じる場合は高血圧が重篤になっている可能性もありますので気を付けましょう。まだ軽い段階であればめまいなどの症状は現れづらいと言われています。また、何らかの要因によって血圧が急に上昇したり、下がった場合にめまいが生じることもありますので、そのような理由があれば特に心配する必要は無いでしょう。でも、あまりにも頻繁にめまいが生じるのであれば、一度血圧をきちんと測定して、必要があれば受診することも大切です。

また、めまいは脳の血流が悪化している時に起こると言われています。脳の血流が悪化すれば、脳卒中などに繋がることもありますが、これは高血圧の合併症の1つでもあります。めまいが生じている場合は、それだけ脳卒中も起きやすくなっている可能性がありますので気を付けて下さい。

嘔吐を生じる場合は高血圧を治療するための薬の副作用が原因かもしれません。すでに高血圧の治療を受けている場合は、きちんと検査をしていることも多いでしょう。しかし、高血圧できちんと検査を受けたことが無い人は、医療機関を受診して受けてみてはいかがでしょうか。それによって、他の病気が見つかることもあります。