急な温度変化に注意する

急な温度変化に注意する

血圧は温度と大きく関係しています。ですから、高血圧の人はもちろん、そうじゃない人も急な温度変化には注意が必要です。

特に冬場に注意が必要で、暖房が効いて暖かい部屋から、トイレなどの寒い場所に移動するときや、外出するときなど、急に温度が変わると、体温を調節しようとする機能が働き、血管が収縮するので、心臓や血管に強い負担がかかってしまうのです。

この急な温度変化で身体に及ぶことをヒートショックといい、ヒートショックは、高齢者の家庭内の死亡原因の4分の1といわれています。特にその8割が浴槽内といわれています。

脱衣所は寒く、急に熱いお湯に入ることで、急激な温度変化が起こり、血管や心臓に負担がかかり、血圧が上がってしまうのです。入浴の時には、脱衣所を温めておいたり、ぬるめのお湯につかるなど、注意が必要となります。

また、温度差が大きい毎日を繰り返していると、血管や心臓の負担が繰り返されているのです。高血圧を悪化させてしまうことにもつながるので気をつけましょう。