高血圧と正しい入浴法

高血圧と正しい入浴法

入浴中に脳梗塞や心筋梗塞などを起こす人が多いといわれています。高血圧の人が急に寒い脱衣所で着替えをしたり、急に熱い湯船につかったりすると、血圧が急に上がってしまい、発作を起こしやすくなってしまうのです。

しかし、入浴は正しい方法を知っていれば、リフレッシュ効果だけではなく、高血圧にも効果的なのです。正しい入浴法で湯船につかることで、血行が良くなり、血圧を下げてくれる効果があります。

毎日忙しい現代人は、湯船につからずにシャワーだけで済ませてしまうという人が多いようですが、1日の疲れをとるためにも、湯船につかりたいですね。

高血圧の場合には、入浴は半身浴が基本となります。半身浴はみぞおちの下くらいまでお湯につかる入浴法です。温度も、熱めのお湯は禁物で、38度前後にしましょう。銭湯などにいく場合には、お湯の温度に気をつけましょう。また、水風呂やサウナは血圧の変動が大きいのでやめましょう。

正しい方法で湯船につかり、心も体もリフレッシュしましょう。