高血圧の人はお酒の飲み方にも要注意

高血圧の人はお酒の飲み方にも要注意

高血圧の人はお酒の飲み方に注意する必要があります。男性は特に、毎日のように大量にお酒を飲むこともあるでしょう。確かにストレス発散にも繋がりますし、仕事終わりにはお酒を飲みたくなる気持ちは分かります。しかし、それが原因で高血圧になったり、高血圧が悪化することもありますので、飲む量には気を付けた方が良いと言われています。

しかし、お酒を飲むことですぐに高血圧に繋がるかというと、そうではありません。少量であれば、お酒は血行を促進する効果が期待できますので、高血圧の改善に繋がることもあります。ですから、健康のためには少量のお酒を飲んだ方が良いと言われているほどです。

ただ、飲む量が多すぎてしまうと、徐々に血圧が上昇すると言われています。お酒には脂肪に繋がる成分が配合されていることもあります。それにより、ビール腹と言われるように、お腹がぽっこりと出ることもあるのです。もし体重が増えれば、それだけ肥満に繋がりやすくなり、血圧が上昇してしまいます。

また、お酒を飲む人はおつまみも一緒に摂取する人が多いはずです。おつまみは塩分の含有量が多いものが多いですし、カロリーもある程度あるでしょう。そのようなものを毎日摂取していれば、血圧が上がるのも当然です。特に塩分が多く含まれていれば、すぐに血圧の上昇に繋がります。

お酒を飲まなければ、当然おつまみなども摂取することは無くなるでしょう。辛いかもしれませんが、飲むのであればコップ1杯などの適量にするなど工夫をすることが高血圧の改善には大切です。