運動療法を取り入れる

運動療法を取り入れる

高血圧といわれると、食事療法と運動療法を取り入れます。そして、それだけでは効果が現れにくい場合や、他の病気があるなどに、薬物療法をプラスするというのが一般的です。

運動療法では、有酸素運動が進められます。有酸素運動は適度な強さで行うことで、血圧を下げてくれる働きがあります。そして継続していくことで、血圧を高くする神経系の働きをコントロールできるようになり、血圧が上がりにくくなるのだそうです。

また、有酸素運動といえば、ダイエットを連想する人も多いと思いますが、肥満も高血圧の素となります。有酸素運動で脂肪を燃焼し、肥満を予防、改善することで高血圧治療にも効果的なようです。

運動療法は医師に相談しながら取り入れましょう。できれば毎日30分以上の有酸素運動が理想的ですが、長期にわたって継続していくためには、はじめから無理は禁物です。無理をすると、身体を壊してしまったり、続けるのがつらくなってしなったりします。ウォーキングも、最初から30分以上となると、なかなか大変なものです。特に普段運動をしていなかった人は、自分の無理なくできるところから初めて、少しづつ運動量を増やしていきましょう。