高血圧の症状とは

高血圧の症状とは

高血圧とは、簡単に言うと、血圧が高い症状のことです。を言います。といっても1度測ったときにたまたま血圧が高かったというのは高血圧症とはいえません。何度はかっても、正常よりも血圧が高い場合、高血圧症と診断されるようです。

ただ、高血圧の症状は血圧が高いだけではありません。頭痛や耳鳴り、肩こり、めまい、動悸、息切れなどの症状もあるのです。このような症状がある場合には、気をつけたいところですが、どれも高血圧独特の症状ではないので、その原因が高血圧だと思う人は少ないでしょう。

頭痛や耳鳴りなどの症状だけで、高血圧を判断するのは難しいですね。ですから、血圧は定期的に測っておくと安心です。血圧測定器は病院だけではなく、自宅でも測ることができる機器も多く販売されています。

高血圧はそのまま悪化してしまうと、心筋梗塞などの命に関わる病気を引き起こしてしまうこともあります。定期的に血圧を測り、自分の血圧を把握しておきましょう。